現場をしきり、日々成長を遂げる若き施工管理者。
脇坂 隆洋 Takahiro Wakisaka
Shoei彩工房事業部 設計課│2009年入社

高校時代に出会った建物に感動を覚えた。

高校のとき、通学の途中に長い期間工事をしているところがあったんです。「何ができるのかな」と思っていたら、ガラス張りで美しい、オシャレなビルが出来上がりました。そのとき、「自分もこんな建物を造ってみたい!」と純粋に思えたのが、この道を志すきっかけ。昭栄建設を選んだのは、トータルに家造りを任せてもらえるからです。

監督は現場の最高指揮官。

入社以来、施工管理の仕事をしています。先輩のもとでしっかりこの仕事のノウハウを学べたので、自分でも驚くほど早く監督になることができました。施工管理とは、設計図をもとに実際に家を造り上げていく仕事ですが、その中でも監督は、原価管理、工程管理、品質管理、安全管理のすべてに責任を持ちます。当社の社員だけでなく、現場で実際に作業をしてくれる大勢の職人さんに指示を出すなど、すべてを統括し、家を完成させていきます。確かに苦労は多いのですが、若くしてこのポジションを任せてもらえたのはとても光栄なことですし、日々成長を実感しています。

若くして監督に抜擢された。

今、現場の監督を任されていますが、普通なら10年、20年のキャリアがないと難しいポジション。でも、昭栄では、若手に責任ある仕事を任せ、いち早く成長してもらいたいという考えがあるので、早い段階から主力として活躍することができますし、実際、監督は今20代半ばが一番多くなっています。私も入社してすぐに監督補助、そして、2年目の頃には監督を任されるようになりました。現場に責任者の名前を表記するのですが、先輩から「これからはお前の名前でいこう」と言われたときは、心の底から嬉しかった。きっと一生忘れることはできないでしょう。

設計図に描かれている以上のものを造る。

施工管理は設計図を元に家を造り上げていくのですが、同じ図面、同じ仕様でも施工管理の担当者の判断によって完成したものは変わってきます。それと言うのも、設計図では表現できない細かい部分などは、実際に住む人が使いやすいように、あれこれ自分たちで創意工夫して造るから。モノ造りが好きな人にぴったりの仕事ですね。また、私は監督といえどもまだ若く、大工などの職人さんたちは年の離れた方も多い。職人さんたちの方が仕事に詳しかったりすると、恐縮してしまうことも…。ただ、そんなベテランの皆さんからいろいろ学べ、一緒に汗を流して働けることが、この仕事の醍醐味だったりするんですよね。

常識を破り、新しいスタイルを生み出したい。

実は、もともと設計志望で入社したんです。でも、今の施工管理の仕事もおもしろい。それなら、いっそ両方できるようになろう!と思いました。設計も施工管理も一人の担当者でトータルにおこなえば、効率も良くなります。また、現場を知っているからこそ良い設計ができるでしょうし、設計した本人だからこそ、現場でより適確な指示が出せます。一般的に、設計と施工管理はそれぞれ別の人間が担当するものですが、それらを組み合わせた、新しいスタイルを生み出していけたらと思っています。

ある日のスケジュール

昭栄という会社はとっても真面目です。法律やルールに外れるようなことは決してしません。ちょっと真面目すぎるほどです(笑)。でも、正しいことを徹底し、お客様に誠実に向き合うところが、私自身大好きなんですよね。だから「お金のため、生活のため」という人より、「家造りが好き。仕事が楽しい」という人と一緒に働きたい。是非、一緒に真面目な家造りをしていきましょう!