お客様の想いをカタチにする、注文住宅の設計者。
平田 一人 Kazuhito Hirata
Shoei彩工房事業部 設計課│2006年入社

真摯にお客様と向き合う企業姿勢に共感。

小さい頃から工作が好きだったりと、自分の手で何かを作ることに興味があり、大学でも建築学科で学んでいました。実は昭栄建設とは昔から縁があるんです。私は地元出身で、実家のリフォームや増築などを昭栄に頼んでいたんです。昭栄は地元で評判が良く、「家のことなら昭栄」って決まっていましたから、就職先を考えたときも、真っ先に昭栄の名が浮かびましたね。

一人ひとりのニーズに応える注文住宅の設計。

現在、注文住宅の設計を担当しています。注文住宅の設計はまずお客様ありき。家に対して求めるもの、イメージは、ご家族ごとに違ってきます。「どんな家がいいのか」を、お客様のライフスタイルや将来の人生プランを踏まえ、設計していきます。もちろん設計して終わりではなく、工事の途中でも、きちんと設計通りに作られているかを確認しに行きますし、完成までをしっかり見届けます。お客様にお引き渡しする前には、写真撮影を自分でもおこないます。それを当社の『作品集』として、ブログなどにもアップ。何よりもの営業ツールにもなるんですよ。

みんなで力を合わせ一つのものを造り上げる。

今の注文住宅の設計を担当する前は、施工管理と分譲住宅の設計も経験しました。施工管理では、職人さんに指示を出したりしながら、一緒に仕事をしていきますので、建築の知識だけではなく、コミュニケーション力や人間力も必要です。段取りもとても大事ですね。でも、仕事を始めた頃は、言われたことや、職人さんに指示すべきことを忘れたり、自分一人のミスで大勢の人に迷惑をかけてしまうこともありました。多くの失敗を経験しながらも、みんなで力を合わせて一つのものを造り上げていく過程から、本当に多くのことを学べました。今、設計の仕事をしていますが、当時の経験がとても役にたっています。

お客様とイメージを共有し、理想の家を造り上げる。

仕事の醍醐味は、なんといってもお客様と一緒に理想の家を造り上げていくことですね。図面だけでは分かりにくいので、パースやスケッチ、模型などを作り、「ここの壁はこんな色にするのはどうですか」と提案したり、お客様からのご意見やご感想をいただきながら、一つひとつ一緒に設計していくことがとてもおもしろい。同じ家なんてないんです。家自体だけでなく、周りの環境によっても大きく変わります。隣にどんな建物があるのかで入ってくる光も違います。冬でも日差しがたっぷり入るように吹き抜けにしてみたり、自然の恵みや温かみが感じられる設計を心がけています。

設計に加え、提案力や営業力を身につけたい。

最近は営業なしでも、お客様との打ち合わせをするケースが増えています。これからは設計に関するスキルやノウハウを高めていくのはもちろん、提案力や営業力も身につけていくつもりです。設計とともに、営業の役割を果たすことができれば、お客様の求めていること、描いているイメージも直接お聞きすることができ、理想の家の実現により近づけることができるでしょう。設計なら設計だけ、営業なら営業だけという枠に縛られず、幅広い仕事ができるのも、昭栄で働く醍醐味ですね。

ある日のスケジュール

昭栄は土地の仕入れから設計、施工管理、営業、リフォームなどを一貫しておこなっている企業。ですから、いろいろな経験ができ、幅広いスキルやノウハウを身につけることができます。学生のとき、時間があるようでしたら、カラーコーディネーターや宅建などの勉強もしておくといいでしょうし、昭栄は資格も取りやすい会社なので、入社後に勉強するのもOK。私自身、建築士の資格を入社後に取得しました。