設計・建設性能評価全棟取得|埼玉・群馬の新築一戸建て・分譲住宅・注文住宅・ リフォームのことなら昭栄建設グループへお任せ下さい。



設計段階にある住宅に関して、日本住宅性能表示基準等に則した評価を行います。
設計住宅性能評価どおりに施工が行われていることを検査し、評価を行います。


「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(略称:品確法)は平成12年4月1日に施工された新しい法律で、住宅に関する 様々な問題点の解消を目的として制定されました。 住宅を購入する際、共通のルールがなく比較が難しかったり、購入後、性能に著しく問題があり生活に支障をきたす重大な 欠陥があったりしては大変です。そうした住宅に関するトラブルを未然に防ぎ、そして万一のトラブルの際も消費者保護の 立場から紛争を速やかに処理できるよう、安心して良質な住宅を取得するためを目的として制定されたもの、それが住宅性 能表示制度です。

住まい選びが客観的に検討できるよう、大きく10の分野に基づいて住まいの性能を評価し、表示します。
その結果が「住宅性能評価書」に記されて交付されます。