仕事と人を知る
トップページ > 採用ページ > 社員紹介

社員紹介

真摯にお客様と向き合う企業姿勢に共感。

小さい頃から家が好きで、住宅展示会場に行くととてもワクワクしていました。
少し変わった子供だったかもしれません(笑)。
そのまま大学でも不動産学部で学んだほど、家に対する想いが私の中で大きなものになっていました。
就職先として昭栄建設を選んだのは、地元密着型でコツコツと誠実にお客様と向き合っている、そんな姿勢に感銘を受けたことが一番大きいですね。

お客様のパートナーとして、最初から最後まで。

現在、注文住宅の営業をメインにおこなっています。
最初から最後までお客様とご一緒するのが営業の役割。
土地の調査や土地取得に始まり、設計担当と一緒に設計にもかかわりますし、建築の段階でも現場に頻繁に顔を出します。
建築は施工管理の担当になりますが、お客様のことを一番よく知っているのが私たち営業ですから、お客様のご要望がしっかり反映されているかどうかなどをチェックします。
そして、この引き渡しは必ず営業がおこないます。

「あなたに任せてよかった!」という言葉に感激。

これまでたくさんのお客様の家造りをサポートさせていただきました。
お客様によってお好みやご要望はさまざま。
例えば、内装にとてもこだわりのあるお客様がいらっしゃいました。
壁の色などはもちろん、ドアの把手(とって)一つも慎重に選ばれ、私もできるだけご要望にお応えしようと丁寧に対応していきました。
確かに、大変なときもあるのですが、妥協なんてしません。
少しずつお客様の理想の家に近づけていき、ついに完成。最後にお客様から「あなたに任せて本当に良かった」と言っていただいたときは、本当に感激しました。

お客様の笑顔のために、地道な努力を惜しまない。

私はもともと営業志望。営業はお客様とのやりとりも多いですし、二人三脚で家を造っていける醍醐味があります。
当社は、お客様に家を強引に売り込むということはしません。
あくまで反響営業。昭栄の家造りに共感してくださった方、興味を持っていただいた方に対しておこなうものです。
お客様と家についてのお話をするためには、当社のモデルハウスに来ていただく必要がありますので、ポスティングなど地道な作業も大事になります。
お客様が理想の家を手に入れ、お喜びになっている姿を頭に浮かべると、仕事にも自然と力が入るものですよ。

トータルにお客様をサポートできる存在に。

床一つとっても色や材質、種類はいろいろあります。
ですから、「これさえやっていればいい」「これで完璧」というのがないのが、私たちの仕事です。
キッチンやバスなども一つひとつこだわりを持って造っていきますし、家のカタチはまさに無限大です。
お客様のどんなご要望にも応えられるよう、貪欲にスキルやノウハウを培っていきたい。
そして、家そのものだけでなく、住宅ローンや税金、資産管理なども含め、幅広い知識を身につけ、お客様からさらに頼りにされる存在として成長していきたいと思っています。

地域密着型の安定基盤。その堅実さに惹かれ、入社を決意。

高校時代、通学路に工事現場がありました。
数ヶ月後、完成したビルのデザイン性の高さに感銘を受け、「自分もこんな建物をつくってみたい!」と思うように。
地元・埼玉で働きたいと考えていた私にとって、50年以上、地域密着型で安定した事業を展開する昭栄建設は、紆余曲折あった就職活動の末に、やっと巡り会えた運命の相手のような存在です。

設計職という立場から、お客様にご提案する機会も。

施工管理職を経て、現在は設計課に所属しています。
手掛けているのは、木造の注文住宅。
お客様のご要望に対してプランニングを行い、受注に至れば、実施設計に取り掛かるのが主な仕事の流れです。
デザインや価格についてお客様と打ち合わせする機会も多く、追加工事が必要な場合、お見積りをして、お客様にご提案することも。
営業のように、イチからのご提案で受注を獲得することもできます。
一人ひとりに任される裁量が大きいのも、昭栄建設で働く魅力のひとつですね。

お客様からの「ありがとう」が何よりの励み。

ボルダリング設備やハンモックのある、凝った趣向の木造住宅を担当した際、納期まで1ヶ月という土壇場のタイミングで、計画の変更を余儀なくされたことがありました。
納期までに引き渡しをし、新居での生活を心待ちにしているお客様の期待に応えたい。
その一心で、タイトなスケジュールの中、現場の監督と知恵を出し合いました。
自らも現場に入って手を動かし、何とか納期ギリギリでお客様に物件を引き渡せたんです。
お客様からの「ありがとう」という言葉に、思わず涙してしまったことは忘れません。

利益の追求より、お客様との信頼関係が大切。

大切にしているモットーは「ウソをつかない」。
昭栄建設は、誠実な仕事を大前提としている会社です。
利益の追求より、お客様との信頼関係を重視する社風に共感したからこそ、10年間勤め続けられています。
たとえミスをしたとしても、素直に自分の失敗を認め、それをカバーすべく最大限の努力をすれば、必ず周囲が協力してくれます。
失敗を糧に成長していくことを学べたのは、昭栄建設が「ウソをつかない」会社だからだと思っています。

35歳までに昭栄建設における自分の立ち位置を確立したい。

設計は、知れば知るほど奥深い仕事。毎日が勉強の連続です。
優れた建造物を見学したり、外部研修を受けたりして知識を蓄え、35歳までに昭栄建設における自分の立ち位置を確立したいですね。
その先に、自ずと次のステップが見えてくるはず。
そう信じて、コツコツと努力を重ねていきます。

ものづくり好きが高じて、建設業界を志すように。

小学校の頃、工作の授業が大好きでした。
日曜大工も好きだったので、いつしか「将来の夢は大工さん」と周囲に伝えるように。
模型づくりやプラモデルに熱中した高校時代を経て、大学の建築学科に進学。
ゼミの先生から「営業に向いているよ」と言われたことがきっかけで、当初は営業職として、昭栄建設に入社しました。

建物についてイチから学ぶため、営業課から施工管理課に異動。

営業をしていた入社1年目に、モデルハウスで見学者の方をご案内する機会がありました。
「壁紙は変えられますか?」「棚は取り付けられますか?」といった質問にほとんど答えられず、悔しい思いをしたのをよく覚えています。
自社が手掛ける建物がどんなものなのか、どのように建てられているのか、イチから学びたいと考え、施工管理課に異動。
1年間、監督補助を務めた後、監督を任されました。
以来7年間、木造一戸建ての建設現場における原価管理、工程管理、品質管理、安全管理を担当しています。

現場でのムードメーカー、そしてパイプ役でありたい。

現場監督の具体的な仕事は、職人さんの手配や資材の手配など。
多いときには、10ヶ所近く現場を担当します。
日々、多くの職人さんが出入りしているので、全員が気持ち良く仕事ができるような環境づくりも重要。
自分自身を含めた全員が楽しく働けてこそ、良いものをつくれると思っています。
初対面の職人さん同士や職人さんとお客様をつなげるパイプ役になれたら嬉しいですね。

ほんの数ミリのこだわりや気遣いが、住みやすさにつながる。

何よりのやりがいは、やはり、完成した物件を引き渡す際の、お客様の「イメージ通り!」という声。
現場ではいつも、数ミリ単位の話をしているので、細かいところまでじっくりチェックして、感想を言っていただけると励みになります。
お客様の顔を思い浮かべながら、「背が低めの奥さんだったから、キッチンを少し低くしようか」などと相談することもあるんです。
ほんの数ミリのこだわりや気遣いが、住みやすさにつながる。そう信じています。

木造一戸建てに関わる仕事をトータルで手掛けられる人材へ。

一人の社員に任される裁量が大きく、施工管理職であったとしても、商談に臨めるのが昭栄建設の特徴。
お客様に満足していただけるご提案をするのは、営業時代にできなかったことでもあるので、改めて挑戦したい気持ちがあります。
ヒアリング能力と共に「伝える力」をさらに磨き上げ、木造一戸建てに関わる仕事をトータルで手掛けられる、そんな人材を目指していきたいですね。

募集要項

お問い合わせ

住宅にまつわるご相談、資料請求、その他家づくりに関するご意見、ご相談はお気軽にどうぞ!

▲Page Top