提案できることは無限大。お客様と二人三脚の家造り。
北村 友美
Tomomi Kitamura
Shoei彩工房事業部 営業課│2008年入社

真摯にお客様と向き合う企業姿勢に共感。

小さい頃から家が好きで、住宅展示会場に行くととてもワクワクしていました。少し変わった子供だったかもしれません(笑)。そのまま大学でも不動産学部で学んだほど、家に対する想いが私の中で大きなものになっていました。就職先として昭栄建設を選んだのは、地元密着型でコツコツと誠実にお客様と向き合っている、そんな姿勢に感銘を受けたことが一番大きいですね。

お客様のパートナーとして、最初から最後まで。

現在、注文住宅の営業をメインにおこなっています。最初から最後までお客様とご一緒するのが営業の役割。土地の調査や土地取得に始まり、設計担当と一緒に設計にもかかわりますし、建築の段階でも現場に頻繁に顔を出します。建築は施工管理の担当になりますが、お客様のことを一番よく知っているのが私たち営業ですから、お客様のご要望がしっかり反映されているかどうかなどをチェックします。そして、この引き渡しは必ず営業がおこないます。

「あなたに任せてよかった!」という言葉に感激。

これまでたくさんのお客様の家造りをサポートさせていただきました。お客様によってお好みやご要望はさまざま。例えば、内装にとてもこだわりのあるお客様がいらっしゃいました。壁の色などはもちろん、ドアの把手(とって)一つも慎重に選ばれ、私もできるだけご要望にお応えしようと丁寧に対応していきました。確かに、大変なときもあるのですが、妥協なんてしません。少しずつお客様の理想の家に近づけていき、ついに完成。最後にお客様から「あなたに任せて本当に良かった」と言っていただいたときは、本当に感激しました。

お客様の笑顔のために、地道な努力を惜しまない。

私はもともと営業志望。営業はお客様とのやりとりも多いですし、二人三脚で家を造っていける醍醐味があります。当社は、お客様に家を強引に売り込むということはしません。あくまで反響営業。昭栄の家造りに共感してくださった方、興味を持っていただいた方に対しておこなうものです。お客様と家についてのお話をするためには、当社のモデルハウスに来ていただく必要がありますので、ポスティングなど地道な作業も大事になります。お客様が理想の家を手に入れ、お喜びになっている姿を頭に浮かべると、仕事にも自然と力が入るものですよ。

トータルにお客様をサポートできる存在に。

床一つとっても色や材質、種類はいろいろあります。ですから、「これさえやっていればいい」「これで完璧」というのがないのが、私たちの仕事です。キッチンやバスなども一つひとつこだわりを持って造っていきますし、家のカタチはまさに無限大です。お客様のどんなご要望にも応えられるよう、貪欲にスキルやノウハウを培っていきたい。そして、家そのものだけでなく、住宅ローンや税金、資産管理なども含め、幅広い知識を身につけ、お客様からさらに頼りにされる存在として成長していきたいと思っています。

ある日のスケジュール

自分の就職先は、最終的には自分で決断するもの。ですが、先輩や両親をはじめ、自分よりも経験豊富な人に相談することも大切ですよ。そして、学生時代にはさまざまな経験を積むべきだと思いますので、あちこち旅をしてみても良いかもしれませんね。自分の人生をより豊かなものにしていこうという意識が、社会に出た後、活きることでしょう。