社員の働く環境を整備し、会社全体をバックアップ。
藤本 純也
Junya Fujimoto
総務部│2007年入社

早くから活躍のチャンスがもらえる喜び。

大学は経済学部。簿記も好きでしたし、経理の仕事を任せてもらえるところを探していました。その中でも昭栄建設を選んだのは、伝統ある企業でありつつも若手が活躍できる風土があったから。個々人が持つ可能性を信じ、チャンスをもらえるという企業文化に魅力を感じました。

経理の枠を越え、多種多様の仕事に従事。

現在、総務部に所属し、基本となる仕事は経理。ですが、その枠にはとてもおさまらず、幅広い業務に携わることができています。例えば、パソコンやサ-バ-など社内のIT設備の整備であったり、宅建業や建設業の免許管理であったり、保険代理店の一部業務。さらには、採用、入社、退社、人事制度、査定案作成、給与計算、社会保険や年金などの相談といった人事労務面等々。年々担当する業務が増えている気が…(笑)。しかし、やることが増えるということは、自分のスキルやノウハウ、知識が増えるということでもありますから、嬉しい悲鳴とも言えますね。

社員の「ありがとう!」を聞くために。

若手に重要な仕事を任せてくれる。どれか一つではなく、さまざまなことにトライさせてくれる。そこに魅かれて入社したわけですが、実際、半年後くらいには採用担当の仕事にも関わるようになりましたし、社会保険や給与計算など任されることがどんどん増えています。例えば、「パソコンの調子が悪いんだけど……」という声があれば、自分の仕事は後回しにして飛んでいきますし、ベテラン社員から「年金について教えてほしいんだけど……」と言われれば、じっくり相談に乗ります。社員のみんなから、「おかげで助かったよ。ありがとう!」と言ってもらえたときが一番嬉しいですね。

TOPと社員を結び、活気ある組織を作る。

総務や経理の仕事は、営業などとは違い、外のお客様に対して提案したり、自分で売り上げを作ったりすることはできません。いわば、社員がお客様。何か困ったこと、分からないことなどがあったら、私たちに声がかかりますし、社員が働きやすい環境を作ることが私たちの役割です。環境が良くなり、社員の仕事の質が上がれば、自ずと会社も強くなっていくと思います。それが裏方としてみんなをサポートする醍醐味。その一方、社長とのやりとりも多いですし、会社の中枢を担う仕事にも多く携わることができます。経営陣と社員をつなげ、組織を活気づけるのも私の大切な仕事です。

人が育っていくための環境作りを。

これまで通り、社員みんなが仕事に集中できる環境を作ることで、「良いアイデアが生まれた!」「良い家が造れた!」という声をたくさん聞きたいですし、社員のみんなに良い仕事をしてもらえるような環境作りをしていきたい。そして、いろいろな仕事に挑戦したいですね。その中でも人材育成。教育研修などをさらに充実させ、新入社員もプロフェッショナルとしてしっかり育っていける環境作りに力を注ぎたいと思っています。

ある日のスケジュール

当社で活躍している人を見ると、仕事が好きであったり、こだわりを持っている人が多いことが分かります。子供や学生の頃から「家造りをしたい」「この仕事をライフワークにしたい」という熱い想いを持ってきた人たちです。仕事は楽なことばかりではありません。壁にもぶつかるでしょう。でも、「好き」という想いがあれば必ず乗り越え、さらに大きく成長していくことができると思います。